「草野球の窓」

1911年
『野球害毒論』
 限られたエリート達のスポーツとして人気を博した野球が、ようやく少年たちの娯楽として全国の空き地や原っぱで芽吹き始めました。しかしこの頃、ある新聞社がその流れに水を差すキャンペーンを始めました。東京朝日新聞社が明治44年(1911年)8月29日からシリーズで掲載した「野球と其害毒」、一般に言う「野球害毒論」がそれです。掲載は計22回におよぶ力の入れようでした。このシリーズは次の書き出しから始まります。

野球と其害毒
 近年野球の流行盛んなるに従いて弊風百出し、青年子弟を誤ること多きを以つて、本紙はしばしばその真相を記して父兄の参考に供する所ありたり。しかるに野球に狂せる一派の人々は、本紙の記事が己れに便ならざるを以つて、種々卑劣なる手段を以つて本社に妨害をなし、或いは担当記者に対して迫害を加えんとす。しかれども本社が青年の前途に対する忠実なる憂慮は、これによつてますます切ならざるを得ず。ここに数名の記者を派して、教育に関係ある先達の公平なる意見を聞き、以つて最後の鉄案となさんと欲す。

 そして野球がいかに害毒であるかを、主に著名な教育者たちの意見を借りて主張し続けたのでした。

●新渡戸稲造第一高校校長
「野球という遊戯は悪く言えば巾着きりの遊戯、対手を常にペテンに掛けよう、計略に陥れようベースを盗もうなどと眼を四方八方に配り、神経を鋭くしてやる遊びである。ゆえに米人には適するが英人や独人には決してできない。野球は賤技なり剛勇の気なし。」 ※巾着きり:スリの意

●川田府立第一中学校校長
 良選手と良学生とは多くの場合両立するものではなくして、野球の選手に学術の出来るもの品行の良きものはない。私の学校では絶対に野球を禁じてはないが只運動の範囲内で許しているので他校とは勿論試合を厳禁している。
「野球の弊害四ヶ条
一、学生の大切な時間を浪費せしめる。
二、疲労の結果、勉学を怠る
三、慰労会等の名目の下に牛肉屋、西洋料理屋等へ上がって堕落の方向に近づいていく
四、体育としても野球は不完全なもので、主に右手で球を投げ、右手に力を入れて球を打つが為右手だけが異常発達する。故に野球選手の右手右肩は片輪になっている。」

●福原専門学務局長
「野球の選手は授業料なども免除し試験などにも手加減をしているんじゃないかと思う。」

●松見順天中学校長
「手の平への強い玉を受けるため、その振動が脳に伝わって脳の作用を遅鈍にさせる。」

●磯部検三日本医学校幹事
「(渡米試合までして)まで野球をやらなければ教育ができぬというのなれば、早稲田・慶應はぶっつぶして政府に請願し、適当なる教育機関を起こしてもらうがいい。早稲田・慶應の野球万能論の如きは、あたかも妓夫や楼主が廃娼論に反対するがごときのもので一顧の価値がない。」

●乃木希典学習院院長
「対抗試合の如きは勝負に熱中したり、あまり長い時間を費やすなど弊害を伴う。」

●広田攻玉社講師
「妙な塩梅に頭脳を用いる遊戯であるので神経衰弱にかかる。地方中学(現在の高校)において、校長の人気取りに利用される。」

 このキャンペーンは当然大きな反響を呼びました。当時朝日新聞は国内最大の全国紙でしたが、朝日新聞と熾烈な拡販競争をしていたのが東京日日新聞(現・毎日新聞)で、同紙は約半月間「野球擁護論」で反論を展開しました。寄稿した擁護論者には、慶應大学創設者である福沢諭吉、早稲田大学教授の安倍磯雄と河野安通志、作家の押川春浪、不平等条約改正に尽力した小村寿太郎、近代柔道の父、嘉納治五郎などがいました。東京日日新聞はこの年、大阪毎日新聞社と経営統合し、その傘下に入りました。朝日新聞との拡販競争の中で、新聞としての存在価値を高めるためにも、野球擁護側に回って論陣を張る必要があったという背景もあったようです。読売新聞はこの当時まだ社名が日就社で、大きな力はありませんでしたが、「問題となれる野球」と題して論陣を張り野球を擁護、また新聞賛成論・反対論をぶつけ合う野球問題演説会を主催しました。

 結果的にこの“野球害毒論”とそれに続く論争は、かえって野球への関心を高めることになりました。そして次項で述べるように、このキャンペーンの7年後には軟式ボールが発明され、少年から大人までのさらに幅広い層に野球は受け入れられていくことになります。

 この頃、各地区で旧制高校が主催する硬式の中等学校野球大会が盛んに行われていました。近畿地方大会(三高)、北陸地方大会(四高)、九州地方大会(五高)、中国地方大会(六高)、東海5県連合大会(愛知一中)などがそれです。

 1915年(大正4年)、箕面有馬電気軌道(現在の阪急電鉄)が各大会の優勝校を集めた全国中等学校優勝野球大会(現在の全国高等学校野球選手権大会)の企画を大阪朝日新聞社に持ちかけます。しかしわずか4年前に東京朝日新聞社が野球を“害毒”扱いしていたため、大会を主催すると朝日新聞社としての主張に矛盾が生じてしまいます。そこで大阪朝日新聞社は、「野球界の監視、指導役として健全な方向に向わせるべく計画、後援する」という方針を打ち立てました。その時の社説には次の文が掲載されています。

「攻防の備え整然として、一糸乱れず、腕力脚力の全運動に加うるに、作戦計画に知能を絞り、間一髪の機知を要するとともに、最も慎重なる警戒を要し、而も加うるに協力的努力を養わしむるは、吾人ベースボール競技をもってその最たるものと為す。」

 全国中等学校野球大会では、優勝チームに辞典や図書券を贈ったり、入場行進や試合開始前の一列に並んでの礼、連帯責任など、教育的意義という新しい要素を盛り込みました。朝日新聞社『五十年の回顧』(1929年刊)には「本社はこの大会によって全国的に統一ある野球技の発達普及を計ると共に、技よりも寧ろ精神を主として進むべき学生野球の真価を発揮せしめんと企てた。」と記されています。自らが世の流れを読み切れないままに主張した「害毒論」を、“精神”や“教育”という言葉で覆い隠し、世の流れになんとしてでも乗りたいという強い意思が感じられます。自ら著名な教育者たちに「害毒論」を語らせたことに対する矛盾は、その意思の前では非常に小さいものだったのかもしれません。
 朝日新聞社のこの策は見事成功し、発行部数と広告収入の増加をもたらしました。これをみた毎日新聞社も1924年、選抜中等学校野球大会を主催し、現在まで延々と引き継がれることになりました。


 この野球害毒論は、井上ひさし著「下駄の上の卵」(岩波書店)にも登場します。この作品は著者の自伝的小説ですが、終戦直後、山形県米沢の博物館の館長が野球少年たちに対して、自分はまず川田府立第一中学校校長の「右手だけが異常発達する」という記事を読んで野球道具を押し入れにしまい込み、次に広田攻玉社講師の「神経衰弱にかかる」では野球教則本を蔵にしまい込み、最後に松見順天中学校長の「脳の作用を遅鈍にさせる」でついに野球を諦めたと話します。そしてさらに次のようなセリフが続きます。

「野球を批判したのがけしからぬといっているのではないぞ。朝日が野球を批判したいなら徹底的にそれを貫き通すがいいのだ。(中略) ところがどうだ。わずか四年後の大正四年に朝日は全国中等学校野球優勝大会を主催したではないか。朝日の論調に自分を合わせて野球を諦め、いやそれどころか町の連中に野球害毒論を説いて回っていたワシはどうしたらいい。まるで引っ込みがつかん。手のひらでも返すようにこんな容易に意見が変わっていいのかね。」(p43)

 野球害毒論は決して時流を変えることはできませんでしたが、全国新聞が教育者の意見を借りて展開したこのキャンペーンが少なからぬ影響を読者に与えたことが伺える一節です。


 しかし、新聞の読者ではない少年たちは「野球害毒キャンペーン」にも決してその野球熱を衰えさせることなく、さらに“野球ごっこ”から“少年野球”へ進化しようとしていました。そしてついに軟式ボールの誕生を迎えることになります。



前 項 次 項 歴史メニュー 資料室メニュー


トップ 〕/ リーグ名簿チームリンク集草野球資料室草野球フォーラム「まるドの目」
「くまの穴」「草野球の科学」「マネージャーの声」「拝啓 新興チーム様」** ログイン**